« 2012年12月 | トップページ

2013年7月

クラクフ旅日記:2013年7月24日

 早いもので、もう帰国の日が来てしまった。午前中は、国際美学会の3日目のセッションに参加できた。リチャード・シュスターマンが提唱する。Somaesthetics──日本語で言えば、身=肉の美学という感じだろうか──をテーマとするパネル・セッションの他、クリスチャン・ボルタンスキーらの記憶の芸術をテーマとする発表や、「不在の顕現」を軸とする、反形式的な戦略をもった伊勢神宮の遷宮のあり方を検討した発表を聴いた後、いそいそと空港へ向かう。
 会場の講堂の近くのバス停から乗った空港行きのバスが、意外に早く空港に着いたので、土産物を買ってからチェックインすることができた。これからフランクフルトと成田経由で広島へ向かうことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラクフ旅日記:2013年7月23日

 夕方、国際美学会での研究発表を、何とか大過なく終えることができた。何よりも聴衆に恵まれて、セッション全体が温かい雰囲気だったのがありがたかった。内容豊かな発表だったと、よい反応がいくつか返ってきて、とても嬉しかった。セッションのなかの発表の一つがキャンセルになって、質疑応答の時間を長く取ることができたのは、よい経験になった。自分としては、英語の文章表現の点でも、また内容の詰めという点でもまだまだだし、またとくに質疑応答の受け答えの論理性が、自分で満足できるにはほど遠かったのが心残りだが、これが現在の実力なのだろう。ともあれ、いくつかの課題を踏まえつつ、次回の学会でも研究発表できるよう、研究を進めていきたい。
 同じセッションでは、ジャック・ランシエールにおける「観客の解放」をヴァルター・ベンヤミンの「翻訳者の課題」と結びつけて論じ、観客の自律性を深めようとする発表や、ブラジルのポップ・カルチャーの作品のいくつかに認められる、文化産業によって飼い馴らされえない美的強度ないし、「危険性」をミハイル・バフチンや「ロック」の概念と結びつけて論じた発表があった。それに先立っては、東アジアの美的実践をテーマにしたパネル・セッションを聴く。「風流」の概念で象徴されるように、自然と呼応しながらの自己の陶冶を、日常の喧騒と多忙さを離れた場所で、詩を作るなどして行なうことの重要性は伝わるものの、こうした美的な生活実践を、近代史の文脈を抜きにしてヨーロッパ美学において伝統的な美的観想と図式的に対置させてしまうことには、西洋美学ないしそのオリエンタリズムの図式に、東洋人がみずからを嵌め込んでしまう危険も感じないではない。
 午前中は「美学を超える美学」をテーマとするパネル・セッションを聴いた。哲学において伝統的な人間観では捉えきれなかった人間およびその理性の自然との連続性を踏まえつつ、かつまさに自分で自分の原則を創設する芸術の自己言及的な創造性として表われる、所与の自然的な状態をみずから超え出る人間のダイナミズムを踏まえながら、美学的ないし感性論的考察を従来の芸術を超えたところへ拡張していく可能性を論じるヴォルフガング・ヴェルシュの議論を軸にしつつ、そうした新しい美学の可能性を、現代芸術の動きと呼応させようとするものだった。アーティストのエドゥアルド・カックが質疑応答のなかで、芸術はこの世界のコミュニティの新しいメンバーを創造すると述べていたのが印象に残る。アルフォンソ・リンギスの言葉で言えば、何も共有していない者たちの共同体の新しいメンバー、それは自分の議論に引きつけるなら、死者でもあるだろう。
 夜には、旧市街の中心にある時計塔に、アフガニスタンやイラクの戦争に動員されたポーランド兵およびその家族の言葉を、軍用車によって投影し、さらにその言葉を銃声とともに撃ち崩すという、現代芸術家のクシュシトフ・ヴォディチコのパフォーマンスが行なわれた。アメリカを中心とするいわゆる「テロとの戦争」の列に加わろうという国家政策のために、戦争のなかで心身に傷を受け、家族との関係にも傷を負わされた兵士、そしてその家族の言葉が、断片的な叫びとして突き刺すように時計塔に投げつけられ、それが轟音とともに掻き消されるのを目の当たりにすると、戦争の暴力が今なお続いていることを強く感じざるをえない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラクフ旅日記:2013年7月22日

 今日から国際美学会が本格的に開幕するということで、オープニング・セレモニーから出席する。学会の実行委員会代表の司会の下、国際美学会の代表や、クラクフの副市長、それにヤギエヴォ大学の哲学部長などが挨拶に立つ。パワフルな女性の副市長の挨拶も面白かったが、内容的には、美は生きる喜びを形にしたもので、日々の仕事に力を与えるといった詩を引いた哲学部長の話が印象的だった。
 午前中は、このセレモニーに続いて、国際美学会の会長の基調講演、あるいは学会創立百周年の記念講演が行なわれた。現代中国の独立した芸術家たちの動きを、文化大革命の終焉、そして毛沢東の死ということを踏まえつつ辿って、中国の現代芸術が、書をはじめとする伝統が息づくなかに、最新の技術が浸透していくという独特の発展を遂げつつあることに光を当てたもの。ウォーホルの毛沢東像以後、毛沢東の顔がシンボリックなアイコンとして機能してることなど、たしかに特徴的だが、しかし天安門事件以後、ということにまったく言及がなかったのは、いったいどういうことだろう。それに学会そのものを代表する講演で、そもそもなぜ中国の現代美術なのか。いくつもの疑問が残る内容だった。
 地下のビストロで、スープと鶏肉料理のなかなか美味しい昼食を食べた後、午後は夕方のクラクフ・フィルハーモニー・ホールでのパネル・セッションまで、ヴァヴェル城のほうへ出かける。城内の大聖堂だけ見てみた。もともとロマネスク様式で建てられた教会に、ゴシック、ルネサンス、バロックの様式で礼拝堂が建て増しされていき、整理のつかない印象の外観で、内部もこれまた非常に壮麗。祈りの場としては落ち着きに欠ける印象もなくはない。ポーランドの基礎を築いた王たちや聖人たちの墓が並ぶ。
 いったん宿に戻った後、緑が心地よい公園を抜けて、夕方の会場のフィルハーモニー・ホールへ。参加の美学をテーマにしたパネル・セッションが最初に行なわれたが、意識的な知にちょって統御されること、あるいは情報として処理されることを超えた、すぐれて美的なイメージが、他者と呼応し合うなかに、あるいは環境との感応のうちに立ち現われてくることに光を当てた、最初の二人の報告は、それなりに興味深い内容だったが、都市環境や自然環境との関わりに力点を置いた残りの二人の報告は、聴いていて焦点が定まらない。
 ごった返したホールのホワイエでの軽食の後、ヤチェク・カスプツィクの指揮による、クラクフのベートーヴェン・アカデミー管弦楽団の演奏会。国際美学会の枠内で開催されるこの演奏会のために作曲された、カロル・ネペルスキという若い作曲家の“Aisthetic Symphony”──「感性の交響曲」とでも訳せばよいのだろうか──なる作品が初演された。オーケストラの楽器によって、あるいはそれ以外の水笛のような楽器によって、さらにはサンプリングされた音声によって響く断片的なモティーフを、いくつもの方向から響かせることで、聴覚を空間的に拡げていこうという発想そのものは理解できるものの、音楽的には面白いところのない単純なモティーフが、これまた単純に、つまり音楽的な必然性なく反復されるのには、正直辟易した。
 この曲は形式的にはポスト・モダン的と言えようが、聴いていてポスト・モダン的な解放感もない。そのような、「交響曲」と名乗る意味も理解できない作品のあたかも一部のように、19世紀ポーランドの作曲家イグナシー・フェリックス・ドブルツィンスキが書いたオペラの序曲──少し初期のヴェルディを思わせる雰囲気の曲だった──を挿入するというのも、この作曲家に対して敬意ある態度とは言えないだろう。それぞれは非常に優れた演奏家と思えるオーケストラのプレーヤーが、それなりにパフォーマンスを楽しみながら演奏していたのが、救いと言えば救いか。
 旧市街の中心から一つ路地を入ったところの小さな店で友人たちとサラダの夕食を取った後、宿に戻って翌日の発表の準備をしたが、今朝3時過ぎに目が覚めてしまったこともあり、すぐに眠くなってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラクフ旅日記:2013年7月21日

 クラクフへ来て、一つ些細なことが心配だった。それは朝食のコーヒーのこと。前回来たときに泊まったホテルの朝食のコーヒーが、代用コーヒーか何かのような薄い、妙な味──ポーランドでいうKawaの多くはそうだと後で友人から聞いた──で参ったので、今回の宿はどうだろうと気をもんでいたのだ。幸い今日の朝食のコーヒーは許容できる味だった。旧市街の中心にあるので、観光客に配慮したのだろうか。しかし、コーヒーメーカーの隣に、インスタントコーヒーの瓶が意味ありげに置いてあるのはどういうことか。それ以外に朝食に出ているものはまあまあの味。4日食べるとおそらく飽きるだろうが。
 朝食後、アウシュヴィッツを再訪しようと宿を出て中央駅のバスターミナルへ向かう。よく晴れていて、青空に映える古い建物と緑が本当に美しい。とくにフロリアンスカ門のあたりは美しかった。中央市場のあたりでは、花の市が立ち始めていた。そういう時期なのだろうか。やはりところどころにパン売りの店が出ている。
 バスターミナルに着くと、幸い10分くらい後にアウシュヴィッツ博物館のあるオシフィエンチムへ向かうバスを見つけられた。マイクロバスのようなバスで、すでにほとんど満員。ほとんどがアウシュヴィッツへ向かう客のようだ。そのバスに1時間半ほど揺られて行ったわけだが、その間ポーランドのポップスをかなりの大音量で聴かされたのには参った。宿にヘッドフォンを忘れてきたのは失敗だった。
 アウシュヴィッツ博物館では、今回も英語のツアーに参加した。しばらく外で待っていたら、年配の女性のガイドが出てきて、音声機器の説明の後、博物館のなかへ導いてくれた。展示を見るのは今回が二度目なので、前回ほどの衝撃は受けなかったが、ガス室で殺された人々からゾンダーコマンドによって切り取られた膨大な毛髪など、やはり見るのが辛くなる。しかし、それを人が人に強いて行なったことを見据え続けなければならないと思う。アウシュヴィッツ博物館のなかでは、それ以外にはやはり監獄バラックとそれに隣接する「死の壁」、そしてガス室が、何度見ても衝撃的だ。
 アウシュヴィッツの博物館で、今回も非常に印象的だったのは、国家資格を持ったガイドが非常に訓練されていること。今回も英語のツアーのグループの参加者は相当な人数だったが、人混みを避けてうまく誘導し、展示に関して要を得た、かつ内容の深い説明をしてくれるのには、感動すら覚える。アウシュヴィッツに続いて訪れた広大なビルケナウでは、前回見ることのできなかったガス室の廃墟も見ることができた。最後に監視塔に上がらせてくれたのだが、ビルケナウで、封印列車から降ろされ、選別を前に慄く犠牲者から見える風景と、その様子を見下ろすナチスの親衛隊員の見る風景の両方を見るというのには、複雑な思いがする。アウシュヴィッツへ戻るバスから降りた後、ガイドの方にお礼を言えなかったのが残念。彼女は、何度か『私はメンゲレ医師の助手だった』という本を薦めていた。
 アウシュヴィッツ、ビルケナウと相当に歩き回ってさすがに疲れたうえ、すでに夕方になっていたので、博物館をこれ以上見るのは諦め、バスでクラクフに戻る。帰りは行きより時間がかかって2時間足らず。シートが固くて、座っているのはかなり辛いものがあった。こちらのバスも満員で、椅子からあぶれた人もいる。7時前に駅に着いて、朝食から何も食べていなかったので、ベーグルとプレッツェルの両方の起源に当たるというクラクフ名物のパン、オブヴァジャネークを一つ買い求めて、宿の部屋で食べる。前回これを食べたとき、あごが痛くなるほど固かった記憶があるが、今回はそれほどではなく、ややもちもちとした食感──ベーグル同様、生地を茹でてから焼くのだとか──を楽しめた。
 国際美学会の受付が夜8時までとのことなので、道順の確認を兼ね、会場まで行ってみる。会場のヤギエヴォ大学の新しい講堂には、何人かの参加者が集まっていて、受付の手続きをしていた。受付を済ませ、研究発表のデータをスタッフの方に渡すことができてひと安心。夕食には、宿の近くのセルフ・サーヴィスのカフェテリアのような店で、ピエロギを食べる。ちょうど茹でギョウザのような味だ。皮がかなり分厚いので、食べてているうちにだんだん飽きてくる。宿に戻り、学会受付でもらった資料を確認しているうち、だんだん眠くなってしまった。本当はもう少し発表の準備をしたかったが、明日に回さざるをえない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラクフ旅日記:2013年7月20日

 第19回国際美学会での研究発表のためにクラクフへ。出発の朝、徹夜して出かけるつもりでいたが、昨日までの疲れが出たのか、座ったままうたた寝してしまい、危うく寝坊するところだった。何とか2番目のリムジンバスに乗って、7時過ぎには広島空港に到着した。
 広島を7:55に出る成田空港行きの飛行機は、今まではとても小さなIBEX Airlinesの飛行機で、乗るためにいったん外に出て駐機場まで歩かなければならなかったが、いつの間にか飛行機が少し大きなANAのエアバスに変わっていて、出発ゲートから直接に搭乗できるようになっていた。たしかにこちらのほうがいくぶん快適だ。成田経由で海外へ行くニーズが増えたのだろう。
 ほぼ定刻に成田空港に到着し、乗り継ぎ用のセキュリティ・チェックと出国審査を通ってフランクフルト行きの飛行機の出発ゲートへ向かうと、たまたま同じように国際美学会へ向かう友人夫妻が食事をしていて、しばらく話し込む。
 フランクフルト行きの飛行機は、席が窓際で、やはりとても窮屈。どうやらかなり疲れているようで、食事のサーヴィスの前に眠ってしまい、気がついたら周りが食事を終えていた。機内食は、二度目の食事の和食(焼き鯖と十穀米のご飯)が意外に美味しかった。
 機内のオーディオ・プログラムを見てみると、クリスティアン・アルミンク指揮の新日本フィルハーモニー交響楽団による、マーラーの第3交響曲のアルバムが入っていた。来月3日に、この組み合わせによる同じマーラーの第3交響曲の演奏を聴くので、その予習を兼ねて聴いてみる。今から10年ほど前の演奏になろうか。細かいフレージングに至るまで、古典的とも言える様式感を持って彫琢されており、非常に洗練されている印象を受ける。演奏の完成度も高い。ただ、ダイナミクスの付け方や歌い回しの一部にどこか取って付けたようなところがあり、それが時間の密度を薄くしているように思われる。夜の深さを歌う第4楽章の響きには、いっそうの奥行きがほしかった。それに先立つ第2楽章と第3楽章は、非常に美しく仕上っていた。今度の演奏会で、十年の時を経て示されるアルミンクの解釈が、ここからどれほど深化されているか、楽しみである。
 フランクフルト空港には定刻より少し早く到着した。そこから1時間半ほどの乗り継ぎでポーランド航空の飛行機に乗ってクラクフへ。午後8時前のクラクフはまだ明るかった。夕映えの緑が美しい。飛行機のなかで、ずっと読みさしになっていた、Kyo Maclearという人の“Beclouded Visions”という、“Art of Witness”を論じた本を読了。ジャック・デリダの『マルクスの亡霊たち』などを引用しながら、アラン・レネの『ヒロシマ・モナムール』や丸木夫妻の《原爆の図》などについて、興味深い議論を展開しており、とくに後半は勉強になる。comemorationに代わるtransmemorationの概念には潜在力があるのではないか。
 クラクフ空港からは、疲れていたこともあり、タクシーでホテルへ。ホテルは古い民家を改装したアパートメントのような感じで、古い家具が雰囲気を醸し出している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ