« ベルリン旅日記(2011年7月16日) | トップページ | 下鴨車窓『人魚』公演に触れて »

ベルリン旅日記(2011年7月17日)

 午前中、以前から気になっていたホテル近くのケーテ・コルヴィッツ美術館を訪れる。からりと晴れた素晴らしい天気だったので、11時の開館まで中庭の散策を楽しむことができた。木々の緑と白い紫陽花の花が夏の陽に映えて美しい。美術館は個人の邸宅を改装したもののようで、白壁の美しい縦長の建物だった。
 美術館の内部では、ケーテ・コルヴィッツの生涯と作品が年代順に展示されていて、大きな彫刻作品はそれほど多くはないものの、主要作品に至るプロセスが、素描や書簡、習作として作られた油彩画や塑像によって描き出されている点、興味深い。とりわけ生身の人間の生に対するほとんどエロティックなまでの慈しみのなかから、肩を震わせて戦争に抗うあの彫刻作品群が生み出されていることがよく伝わってくる。その慈しみは、とりわけ第一次世界大戦で戦死した息子ペーターの不在の身体を前にして、いやがうえにも増幅されていたことだろう。ドイツ農民戦争から現在の戦争の凄惨さを照らし出す「戦争」連作も、あらためて味わってみたい。たしかその版画の一部が沖縄の佐喜眞美術館にあったはずだ。
 午後は、ベルリン在住の友人と会ってゆっくりと昼食。行きつけになっているルートヴィヒ教会の前のレストランは、ライン地方のフラメクーヘン(四角いピザのようなオーブン料理で、フランスのアルザス地方にも同様のものがある)を出すようになっていた。試してみると、生地が非常に香ばしい。食後にコーヒーを2杯頼んで話し込んだ。私たちは、風が強くなったこともあって屋内の席へ移動したが、屋外の席に粘っている客もいる。そうして陽光を味わっているのだろうか。
 夕方は、コーミッシェ・オーパーでヴァーグナーの『ニュルンベルクのマイスタージンガー』を見た。実演に接するのは初めてである。シーズン最後の自主公演だからだろうか、客にワインが振る舞われていた。粋な気遣いである。席に着いてみると、椅子の上に字幕を表示する装置が新たに備えつけられている。英語とドイツ語から字幕を選べるようだ。このご時世、すべてドイツ語で通す(この劇場ではどの作品もドイツ語で歌われる)わけにはいかない、ということだろうか。
 今回の公演は、パトリック・ランゲの指揮、アンドレアス・ホモキの演出。若いランゲのきびきびとした音楽の運びを基調としながら、歌うべきところはしっかりと歌わせる指揮が心地よい。ここぞというところで即興的な溜めを作るのに付いて行ききれなかったところがあったとはいえ、オーケストラは実に力強い響きでそれに応えていた。弦楽器と管楽器がよく溶け合った響きの厚みは素晴らしく、この劇場のオーケストラの実力をあらためて実感させられた。この劇場で時折心配になる合唱とのアンサンブルも、今夜は最後まで保たれていて、幕切れ近くのオーケストラと合唱が一体となった響きは圧倒的だった。
 ホモキの演出は、例によって傾斜をかなりきつく作った舞台の上に、おそらくスチロールか何かで作った、ニュルンベルクの建物を模したと思われる、人が入れるくらいの小屋を転がして、場面ごとの秩序や混乱を表現するもの。第二幕の喧嘩の場面の後は、その小屋が倒れて折り重なっていた。それはそれでドラマの進行をよく表現していたように思うが、その小屋自体が何とものっぺりとした感じで、終幕で色づけされても、どうにも舞台が締まらない印象を受けた。登場人物の衣装などは、多少現代風の色づけがなされているが、おおむねオーソドックスなスタイル。ザックスとベックメッサーがはっと顔を見合わせる幕切れは、思わずにやりとさせられる小粋な演出と思う。ザックスとヴァルターの勝利で終わらせないという演出の行き方は、非常に好感がもてる。ちなみに、エヴァはザックスの父性に対して断ちがたい思いを抱き続けているようで、最後はヴァルターはほとんど振られてしまったように見える。
 歌手のなかでは、ザックス役のトマーシュ・トマソンが圧倒的な歌唱を聴かせてくれた。最後の「ドイツの芸術」を讃えるくだりなど感動的ですらあった。ベックメッサー役のトム・エリック・リーの巧みさも印象に残る。ベックメッサーの不器用な生真面目さが、逆に魅力的にも思われた。ヴァルター役のマルコ・イェンチュは当初危なっかしいところも見られたが、肝心の自作の歌を披露するあたりでは、非常に美しい声を聴かせていたと思う。エヴァ役のイーナ・クリンゲルボルンはもう少し存在感を強調してもよかったかもしれない。むしろダフィートとマグダレーネのほうが目立っていた。それが示すように、脇役たちにも隙がなかったのも今回の公演の美点であろう。音楽を聴くだけでも満足度の高い舞台だったように思う。第三幕の重唱など本当に美しかった。
 劇場を出ると雨が強くなっていたので、屋根のあるところを伝うようにしてフリードリヒ通りの駅へ向かう。途中ウェスティン・グランデの喫茶で点いていたテレビを覗くと、サッカーの女性のワールドカップの決勝が延長に入っていた。さて、どうなるかと思いつつホテルに帰ってテレビを点けると、ちょうどPK戦が始まるところで、例のなでしこジャパンが優勝を飾る瞬間を見ることになった。帰りのフランクフルトから成田へ向かう飛行機も、彼女たちと一緒になったようで、成田では消防車の放水と、報道陣のカメラの放列に迎えられることになった。 

|

« ベルリン旅日記(2011年7月16日) | トップページ | 下鴨車窓『人魚』公演に触れて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126937/52320266

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン旅日記(2011年7月17日):

« ベルリン旅日記(2011年7月16日) | トップページ | 下鴨車窓『人魚』公演に触れて »