« ベルリン旅日記(2010年1月9日) | トップページ | Hiroshima Happy New Ear第7回演奏会 »

ベルリン旅日記(2010年1月10日)

 4時頃に一度目が醒めた後もう一度寝入ってふと気がつくともう8時半。のこのこと起き出して身支度をする。やっと、ぐっすりとは言わないまでもある程度充分寝ることができたと思ったら、もう帰らなければならないというのが辛いところだ。外を見ると相変わらず雪が降っているが、朝食後にテレビのニュースを見ていると、ベルリンのテーゲル空港からの中継では、リポーターが今日の旅行は延期したほうがよいとまで言っている。他にも降雪のために交通機関のダイヤが乱れているとか、交通事故が起きているとか、気が滅入るニュースばかり。とはいえ、ニュースを見て頭を抱えていても仕方がないので、外へ出ることにする。
 部屋をチェック・アウトして、シャルロッテンブルク宮殿の向かいにある美術館へ。新しく開館して気になっていたシャーフ・ゲルステンベルク・コレクションを見たかったのだ。ゴヤとルドンに始まり、シュルレアリスムを中心とした充実した内容のコレクションで見応えがあったが、昨日に続きエルンストやマグリットなどシュルレアリスムの作品ばかり見ていると、正直食傷気味になってくる。ひと通り見て今度は、真向かいにあるベルグルエン美術館へ。マグリットやピカソの絵を満ちると、どういうわけか気持ちが落ち着く。ここはとくに初期から晩年に至るピカソのコレクションが見事なのだが、クレーのコレクションもなかなかのもの。初期の独特の緻密さをもった線描から死の年の作品まで集めている。温かで音楽的な遊びのある作品を中心に彼の絵を見ていると時間が経つのを忘れてしまう。とはいえ、飛行機に乗り遅れてはいけないので、いったんホテルへ戻ってスーツケースを引き取って、テーゲル空港へ。
 チェックイン・カウンターがなかなか開かないのでやきもきさせられたが、何とか30分ほどの遅れで出発してくれる様子。その前のフランクフルト行きが欠航になっていたのでどうなるかと思ったが、これから乗ろうとする便は国際線への乗り継ぎが多いせいか、飛ぶ準備を進めていてほっと胸をなで下ろす。待合室には、その前の便に乗務するはずだったルフトハンザの乗務員も待っている。
 50分ほどのフライトでフランクフルトに着くと、時刻は19時過ぎ。東京行きに何とか間に合った。しかしこちらも出発に時間がかかる様子。実際、翼に降り積もった雪の除去に時間がかかったうえ、寒波を突いてのフライトも通常より時間を要する様子だ。ここへ来て「デイジー」禍に見舞われた格好である。実際、成田に到着したのは予定より1時間遅れ、成田からの広島行きには乗れず、さらには振り替えてもらった羽田からの最終便にも乗れず、結局用意してもらったホテルに泊まることに。果たして明朝の第一便に乗って午前の仕事に間に合うかどうか。

|

« ベルリン旅日記(2010年1月9日) | トップページ | Hiroshima Happy New Ear第7回演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126937/47269460

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン旅日記(2010年1月10日):

« ベルリン旅日記(2010年1月9日) | トップページ | Hiroshima Happy New Ear第7回演奏会 »