« ちょっと骨休め | トップページ | ラーメン二題と「そうめん流し」 »

美術館二題と「デ・キリコ展」

 鹿児島へ帰省するついでに二つの美術館の常設展を見ることができた。途中で立ち寄った久留米の石橋美術館と鹿児島に滞在しているあいだ、ドライブのついでに訪れた指宿の岩崎美術館である。
 石橋美術館で佐伯祐三の作品に触れることができたのは幸運だった。広告のポスターが幾重にも貼られたパリの街角を描いた絵が一枚あったが、そのポスターの文字の線の速度が眼を惹く。本来印刷され、複製されたはずの文字が凄まじいまでの速さを示している。そのことによって、その文字が都市の生の痕跡にほかならないことが示されているのだろうか。もしかすると佐伯は、速度を感じさせる筆致によって、都市の生の儚さをも表現しようとしているのかもしれない。この絵を見ながら、キルヒナーの「ポツダム広場」を思い起こしたのは偶然だろうか。
 佐伯祐三以外ではやはり青木繁の絵の力強さが印象的である。とりわけ早世した彼が自画像において、極めて表現主義的な筆致で自己の存在を証明しようとしているのには思わず立ち止まらされた。あの「海の幸」のうちにも、形態をはみ出そうとする生の充溢と、それを何とかかたちのうちに押しとどめようとする輪郭線との抗争を見るべきなのかもしれない。それ以外の神話的形象を主題とする絵に関しては、エミール・ノルデとの比較を試みたくなる。
 この二人のほかに面白かったのは、青木と同じ久留米出身の古賀春江の素朴にシュールレアルないくつかの作品くらいだろうか。クレーを思わせる一枚も印象的だった。ちなみに、石橋美術館の別館では、「琉球の美」というテーマの特別展も開催されていて、陶磁器、漆器、織物にわたる多彩な琉球工芸の魅力に触れることができた。とくに紅型の渋味を帯びた生地から浮かびあがる華やかな柄に惹きつけられたところ。美しい彩色の施された抱瓶(腰に提げる泡盛を入れるための容器)も面白かったけれど、そう言えば高円寺に「抱瓶」という沖縄風の居酒屋があった。今でも繁盛しているのかしらん。
 指宿の岩崎美術館は、残念ながら期待外れと言わざるをえない。見るべき作品は、マティスの大作「ラ・ポエジー」くらい。さすがにこの作品、文学作品の朗読に三人の女性が耳を傾けている風景という主題を越えた、形態と色彩のリズムが眼を惹きつける。もう一つ強いて挙げるなら、ブラマンクの「雪の道」くらいか。冷たく肌に突き刺さりそうな風が吹きすさぶ情景を描く筆致の巧みさは見事。展示されているそれ以外の絵、とくに日本の近代絵画は、個人的にまったく面白くない。おまけに展示の仕方からも、その魅力を伝えようという熱意が感じられないのだ。併設されているニューギニアの神像や、ヨーロッパの万国博覧会に出品されていた薩摩焼(「里帰り薩摩」)の置かれた工芸館のほうが面白かったくらい。とくに後者には、西洋人のオリエンタリズムの投影と、ユーゲント様式と、近代性の追求との融合が見られて面白かった。
 ちょっと冷たい結論を言うと、岩崎美術館は、同じ敷地にある殿様商売のリゾートホテルの宿泊客が暇つぶしに訪れる施設の域を出ない。展示されている作品の質は、鹿児島市内の長島美術館のほうがはるかに高い。
 最後に、小倉の北九州市立美術館(分館)で開催されていた「デ・キリコ展」のことに触れておこう。鹿児島からの帰りがけに立ち寄ったのだが、一見して晩年のキリコの作品をこれだけまとまったかたちで見られるのは、まれな機会なのではないかと思った。しかしながら、晩年のキリコの世界に入ってゆくのは、わたしには非常に困難だった。あまりにも多くの観念が、あまりにも明瞭な形態のうちに詰め込まれているように思われたのだ。しかも、その観念というのが、さまざまに異質なものたちを一個の神話的形象のうちに押し込め、それらの多様性を圧殺するものに思えてならないのだ(展示に付された、キリコ研究者によるオリエンタリズム丸出しの解説がそのような印象を助長する)。キリコの世界の「形而上」性が虚構であることが、晩年になってより目立っている気がする。その明瞭さは、晩年のニーチェがビゼーの世界のうちに見いだした鮮烈な明るさの対極にあるものだろう。絵画とともに、絵画と同じ主題をあつかった彫刻作品が展示されていたが、どちらかというとこちらのほうにキリコの美質がより魅力的に現われているように思われた。
 

|

« ちょっと骨休め | トップページ | ラーメン二題と「そうめん流し」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126937/5559543

この記事へのトラックバック一覧です: 美術館二題と「デ・キリコ展」:

» 佐伯祐三展 練馬区立美術館 [セミ玄人の独り言]
気分転換と言うことで雨の中、練馬区立美術館「佐伯祐三 -芸術家への道- 展」へ行 [続きを読む]

受信: 2005年9月24日 (土) 22時49分

« ちょっと骨休め | トップページ | ラーメン二題と「そうめん流し」 »